GAJUMARU

ちゃんとした家電のレビューとオーディオと邦楽ロックと写真

ヘッドフォン祭 mini 2022年春に行ってきました

コロナ禍で中止を余儀なくされていたオーディオイベントが再開されました、

2年半ぶりのヘッドフォン祭です。

 

 

今回は事前に応募した800名限定で、会場の中野サンプラザも14階がワクチン接種会場になっているのでスペースも小さめ。

finalやfitearは整理券で時間別試聴を管理していたので長蛇の列はありませんでした。これは良い取り組み。

我々聴き手もブースの出展者もみんな嬉しそうな顔で参加しているようでした。良かったよかった。

 

2年半の間に、感想文の書き方も忘れてしまいましたが

会場で短期間視聴した内容をまとめておきます。

持ち込んだDAPはLotoo PAW6000 です。

試聴曲はこんな感じ。

 

では感想まとめスタート。

 

 

時間がゆっくり流れるタイプなのでドンピシャの楽曲に合わせると他に換えられない良いイヤホンだなと感じました。

 

 

MEZEのオールマイティ感があんまりなかったような。

 

 

他にも64audioは色々聴きました。やっぱり聴き疲れが少ないのが強み。

 

 

久々に衝撃的なイヤホン。

色々機材整理して買おうかなと本気で考え中。

ハイハットの鳴り方だけがちょっと気になったけど。

 

 

ヘッドフォン祭なのにヘッドフォン全然試聴しなかった…

 

 

ポータブルオーディオファンはみんなANDROMEDAの幻影に囚われている。

 

 

うーん… 

 

 

美少女イラストポストカードもらいました。

 

 

16BAも聴いてみたかった。COSMOシリーズは良いイヤホンなので期待。

 

 

NUARLはNX1が結構いい音しているのでオーディオマニアにももっと騒がれてほしいですね。

 

 

briseはいつも楽しい。

 

 

JerbraのブースELITTE 85Tの試聴させてもらったときにペアリングしようとDAP出したら、営業の方に「今日たくさんそういうの見たんですけど、それ何なんですか?」と訊かれて笑っちゃいました。

 

オーディオプレーヤーもレガシーなアイテムになってしまいましたが、こうやってとっかえひっかえしてああだこうだ言うの楽しいなと改めて感じました。

せっかく盛り上がりを見せていたポータブルオーディオ界隈もこの2年でだいぶトーンダウンしてしまったように感じます。

音楽はより身近になっているはずなので火を絶やさずまた大きく燃え上がって欲しいです。

 

それにしてもDITAのPerpetuaは素晴らしかった。

色々機材整理して購入検討せねば(50万円)