GAJUMARU

-家電と音楽と写真とガジュマル-

レビュー 耳をふさがないイヤホン ソニー STH40D は「ながら聴き」に使える!

新しい音楽のリスニングスタイルの流れが来ています

「外部音取り込み」だったり「耳をふさがない」というスタイル

イヤーカフのようなイヤホン「ambie」が話題になり、

さらに完全ワイヤレスのスマートヘッドセット「 Xperia Ear Duo」がドカンと売れたのは昨日の今日

 

そしてSONYから満を持して耳をふさがない「有線」イヤホンSTH40D が発売されました(発売日は明日だけどソニーは展示開始日に買えることが多い)

早速購入したのでファーストインプレッションをお伝えしていきます

f:id:GANTHEBROW:20180622120134j:plain

レビュー 耳をふさがないイヤホン ソニー STH40D

先ずは付属品から

本体とポーチ(このポーチが入り口が磁石になっていてすごく使いやすい)と独特な形状をしたリングサポーター(イヤピースみたいなやつ)とシンプルです

そういえば説明書がないので、どうやって装着したらいいか迷う人がいるかも?

f:id:GANTHEBROW:20180622120631j:plain

ブラック・グレー・ピンク・グリーンと4色あるSTH40D 

私はグリーンを選びました グリーンと言っても渋い色合いでちょっとグレーがかったビリジアンって感じの色味です

質感はマット調です

f:id:GANTHEBROW:20180622120847j:plain

ケーブルは割と癖が付きそうなタイプです イヤホンの形状も独特ですから収納にちょっと苦労しそうですね

油断すると加水分解するだろうなぁという質感

 

ケーブルの途中ににリモコンが付いています

真ん中の丸いボタンが「マルチファンクションキー」でSiriを使ったりもできます 便利

f:id:GANTHEBROW:20180622161319j:plain

プラグが3.5mm4極なのでスマホのマイクとしても使えるわけですが、あくまでもスマホとの連携を前提にしているため、このリモコンでウォークマンなどのDAPの操作はできません(残念)

 

オープンエアダイナミック型13.6mm 無骨なビニールパイプみたいなステムがニョキっと

f:id:GANTHEBROW:20180622161536j:plain

 

リングサポーター(イヤピースみたいなやつ)は右左が決まっており、このステムの突起部とぴったり合わせて使うようにできています

f:id:GANTHEBROW:20180622161816j:plain

リングサポーターにもLRがわかるようになっているのでつけ間違いはなさそうです

 

実際に耳に装着してみます

リングサポーターがSMLと3サイズ付属しているのですが、どのサイズが自分にとってベストなのかがイヤピースと比べてわかりにくく、間を取ってMサイズにしました(普段のイヤホンはS~Mサイズのイヤピが多い)

 

一旦リングサポーターを耳に突っ込んだあとに、下部のひょうたんみたいな部分を耳たぶの下に持ってくる感じ

Xperia Ear Duoの時にうまく付けられないみたいなコメントを見かけましたが、私は一発でフィットしました

 

Xperia Ear Duoの21.2gに対してSTH40Dは18gなので重さはあまり変わりません

装着感は悪くないです

1時間ほど付けても耳に痛みを感じませんでしたので、カナル型のイヤホンよりはむしろ良いのかもしれません(人による)

 

では、実際に聴いてみましょう

ソニー STH40Dの音質をチェック

音質チェックは同じくSONYのウォークマンNW-ZX300を使いました

3.5mmのシングルエンドで接続、ハイゲインで音量45前後で適音量となりました

普段のイヤホンより音量が10ほど多いです

f:id:GANTHEBROW:20180622165533j:plain

 

耳をふさがない系は低音のことを言われがちなので、低音がゴッ!って効いているメロコア、Dizzy Sunfistでチェックしてみました


Dizzy Sunfist"No Answer"Official Music Video

 

バスドラもちゃんと聴こえてきます

ベース音はちょっとしんどいかな…

そこそこバランスよく聴こえていて、ambieや先日レビューした骨伝導イヤホンのEars Openなんかに比べると、思っていたより悪くないです

 

そして、音楽を流しながらテレビも付けていたのですが、全部音聴こえるんですねコレが

なるほど耳をふさがない効果はばつぐんです

 

家人と会話もはっきりできますし、音楽も同時に楽しめている

良いですね!この音楽体験 新しい

 

音質にこだわったイヤホンたちは、低音もしかり「音楽に集中」する環境作りをしていくわけで、そのために遮音性を高めたりするわけです

一方で STH40D は「ながら聴き」をするためのイヤホンですから、音楽そのものに集中する必要がないので、音質としてはこのくらいで十分なのかもしれませんね

 

また音漏れに関して

上記の音量設定にした状態で同居人に確認した所

半径2mくらいでは確実に漏れているし、隣に立ったら曲の内容までわかる

とのこと

電車などで使うのは厳しそうです

 

耳をふさがないイヤホン ソニー STH40Dはこんな人におすすめ

STH40Dはこれまでに発売された類似の耳をふさがないイヤホンに比べて低音もある程度は出ていて音質としても良いものだと感じました

Xperia Ears Duoはイヤホンというよりスマートプロダクトとしての側面が強いので、音楽をながら聴きすることにしか使わないのであればSTH40Dの方がお値段も4分の1ですから手頃で良いかと思います

 

一方で防水防滴性能に関しては、記載がないので厳しそうですね

ジョギングやポタリングなんかに使ったあとはすぐに拭かないとダメっぽいです

その点はXperia Ear Duoの方が優れていますね

あまり激しく運動をしないウォーキングなどにはおすすめです

 

これはお住まいの自治体の条例にもよってくると思いますが、私は自転車に乗っている時に使おうと思って購入しました

耳をふさがないとはいえ、集中力のいくらかは持っていかれますから危険度は増しますそれでも少音量で音楽を聴きたいというニーズには応えてくれるかもしれません

 

また勉強中や業務中にイヤホンで音楽を聴いている方もいると思いますが

そんなシーンでは「BGMを流す」という目的にはこのSTH40Dはピッタリだと思います

完全に周囲をシャットアウトしたい!という方には不向きですが、周りから声をかけられたらすぐに反応したいという場合には最適かと感じました

 

STH40D はガッツリ聴くには向かないけども、パーソナルな環境でBGMを流したい

そんな利用シーンにおすすめの新しいタイプのイヤホンです

 

あと全然違うアプローチで、最近イヤホンってもっとアクセサリーっぽくあっても良い気がするんですよね

耳につけるからイヤリングやピアス的でもあるし、有線ならネックレス的にも見える

そう思うとSTH40Dはいかにも野暮ったい

ambieは最初はアパレル店舗で売り出したってのもあるんですけど、もっとこう高音質なイヤホンにもおしゃれを!と思ってしまいました

ま、カスタムすればいいか

f:id:GANTHEBROW:20180622171216j:plain

おまけ

まぁ、やっちゃうよねこういうこと

f:id:GANTHEBROW:20180622171637j:plain

 Spinfitをつけてみました

当然音楽は聴こえるけど、周囲の音は聴こえません

STH40Dである意味がないので、こんなことするなら他のイヤホンでいいです…

f:id:GANTHEBROW:20180622171757j:plain

リングサポーターを他のイヤホンにつけてみました

周囲の音は聞こえるようになったのでコレは!と一瞬思いましたが、イヤホンから流れてくる音が最悪です

STH40Dはちゃんと聴こえるように設計されているんだなと改めて思い直しました…

 

ambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ) (Asphalt Black)

ambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ) (Asphalt Black)