読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GAJUMARU

家電とか写真の話しをしながら呑んだくれます

iPhone用のポタアン選び 結局 USB DAC AudioQuest Dragonfly Blackがおすすめ

WalkmaniriverのAKシリーズ、オンキョーなどなどデジタルオーディオプレイヤーも流行っていますが、いつものiPhoneでもっと良い音で音楽を楽しみたい!

ヘッドホンジャックがなくなったiPhone7以降のiPhoneで音楽を聴くためにおすすめの話です

 

毎日持ち歩くスマホをワンランク上のオーディオプレイヤーにしてくれる方法はないものかと探し始めて1年間

個人的にiPhoneの音質アップの優先順位はこんな感じで考えています

 

  1. イヤホン(ヘッドホン)
  2. 再生ソフト
  3. イヤーピース(イヤホンの場合)
  4. イヤホン(ヘッドホン)のケーブル
  5. ポータブルヘッドホンアンプ

 

上から順に自分の好みに合わせて選んで行くと良いんじゃないかなと

 

これまでこのブログでもイヤホンやイヤピース、再生ソフトのレビューもしてきたので

今日は最後の「ポータブルヘッドホンアンプ」にスポットを当てて見たいと思います

 

ポータブルヘッドホンアンプ(ポタアン)はどれを選んだらいいか

色々調べていると、ポータブルヘッドホンアンプ(ポタアン)を使っている人がとても多く、私も使ってみたい!と実際に店頭に行って試聴を繰り返してきました

人気のOPPO HA-2やHA-2SE、CHORD Mojoなどなどあれこれ繋いで聴いてみたのですが、いまひとつピンとこないんです

もちろん違いはわかるのですが、劇的に音質が上がったかと言われるとそうでもないよなぁというのが本音のところ

口コミやレビュー見ていると、あんなに違いを表現できてスゴいよなーと感心しきりです

 

その中でポータブルヘッドホンアンプって使ったら音質があがるかというと、上がることもあるし上がらないこともある、みたいな表現をする人がたくさんいます

じゃあ何のために使ってんの?ってなってきますよね

 

「本来あるべき音に近づける」

ってのを私の理解としました

 

例えば、そのままだと使えないヘッドホンを使えるようにする

音量を上げると歪んでしまう音を歪まなくする

圧縮音源じゃないハイレゾ音源を聴けるようにする

 

そのうえで、ちょっとそのヘッドホンアンプ毎に持っている「味」が「違い」になってきて

その「味」が自分の好みにあったかどうかで「使うと音質が良くなる」と脳みそが思うんじゃないかなと考えています

 

※ヘッドホンアンプに関してはSandal Audio様の記事が大変論理的で参考になりました

http://sandalaudio.blogspot.jp/2016/07/blog-post.html

 

選んだのはUSB DAC

で、色々視聴した上で選んだのがコレ

 

AudioQuest Dragonfly Black

 

f:id:GANTHEBROW:20170111134330j:plain

 

はい、そうですね、D/Aコンバーターですね

タイトルがポタアン選びなのに…

 

iPhoneが持っている音源データはデジタルで、イヤホンやヘッドホンはアナログ

デジタルデータをアナログに変換するのがD/AコンバーターDAC)ですね

もちろんiPhoneにもDACが搭載されていますが、iPhoneはあくまでもスマホがメインなので、オーディオに適したDACを使うと変化がおきるよっていうことです

 

ヨドバシとかビックカメラだとポタアンコーナーじゃなくて電源とかケーブルのあるPCオーディオのコーナーに売ってます

カテゴリ的にはUSB DACですよね

 

 Dragonfly Blackを選んだのはこんな理由です

  • 96kHz/24bitまでのPCMハイレゾ音源を再生可能
  • よっぽどのヘッドホンとかでなければ音量はかなり取れる
  • 小さい(ポタアンみたいにでかくない、重ねなくていい)
  • iPhone直挿しからの「味」の変化がわかりやすい
  • 安い(10,800円で買いました)
  • PCやiPhone以外のスマホDAPでも使える

ポタアンを選ばずにUSB DACを選んだのは、この目的がポタアンでなくても果たせるからでした

 

同じくAudioQuestのUSB DACには上位機種のDragonfly Redもあって

DACチップがもうちょっと良いものを使っていて、低インピーダンスのヘッドホンもドライブできます

前述の「本来あるべき音に近づける」という点ではDragonfly Redの方が優れているのだけれども

私の聴いてるようなメロコアとかが「より元気」な印象に味付けしてくれるBlackを選びました

Redはもうちょっとお上品な感じです(Redの方が値段も高いしね)

 

 

早速中身を見てよう!

f:id:GANTHEBROW:20170111135127j:plain

 

こんな感じで一般的なUSBメモリとそっくり

底に3.5mmのイヤホンジャックがあります

f:id:GANTHEBROW:20170111135308j:plain

 

特にドライバやアプリのインストールはいりません

USB Type−Aをブスっと差し込んで、イヤホン・ヘッドホンを繋ぐだけでもう使えます

PCで使うときはこのままで良いのですが、iPhoneにはLightningしか端子がありませんので

接続にはApple 純正の Lightning - USBカメラアダプタ(旧カメラコネクションキット 通称CCK)を使って接続します

上流下流の概念やらがあるので変換端子ではなく純正のOTGケーブルを使うのが良いです

f:id:GANTHEBROW:20170111135709j:plain

 

こんなやつです

3,500円もします!ムキー!

 

で、iPhoneにはこんな感じで接続します

f:id:GANTHEBROW:20170111135900j:plain

 

トンボの部分が光ります

ピンク(紫?)に光っているときは96kHz/24bitのハイレゾ音源です

f:id:GANTHEBROW:20170111140228j:plain

ついでに、Shanling M1にはこんな感じで繋いでいます

USB Type-Cなのですが、これにもAppleMac用のケーブルを使っています

こっちは900円なんですよね 本当にLightningはAppleが作った悪い文明

 

Dragonfly Blackを接続すると

Dragonfly Blackを接続することで、全体的に音場が広がってスッキリ見通しが良くなります

各楽器が元気よく疾走してノリノリです(ノリノリです)

確実に直挿しに比べてレベルアップしていますね

iPhone直挿しに戻すと篭ってヴェールがかかったような印象です

 

なかなか試聴機を置いているところが少ないのですが(新宿ヨドバシとeイヤくらい?)

他のUSB DAC内蔵のポタアンと比較すると、かなりわかりやすい「味」がついてくるので、変化を感じやすいのではないかと思います

 

音量もかなりとれて、私の使っているSENNHEISER Momentum On-Earや1216.earsの4FEではiPhoneの音量でいうと25%くらいの所でもうかなりの爆音になってきます

うっかりShanling M1のダイヤルがPocketで回ったりするとグァァァっ!ってなります(Shanling M1でもボリューム20くらいで十分)

 

デメリット

大満足のDragonfly Blackですが、デメリットがあります

それは、接続に使う Lightning - USBカメラアダプタの耐久性です

 

iPhoneに接続して、電車で聴いていたりする時、

ポケットに入れているとこんな感じになります

 

f:id:GANTHEBROW:20170111141537j:plain

 

思いっきり曲がってますね

そりゃそうだって話で、手に持っていてもグンニャリいきます

 

結果、3ヶ月で2本の Lightning - USBカメラアダプタが断線しました

7,000円だよコンチキショー!!

 

今はコレでLightningの根元を補強しています

 

f:id:GANTHEBROW:20170111141914j:plain

 

 100均のCandoで売っているiPhone用 Lightningケーブル保護カバー

 

f:id:GANTHEBROW:20170111142015j:plain

 

これで少しはマシになるかなぁとは思っていますが、

グンニャリ曲がっているのは変わらないので、なんともはやというところです

 

余談ですが、このLightningケーブル保護カバー、

上の写真であるShanling M1に繋いでいる USB Type-C to Type-AのApple純正OTGケーブル(USB-C - USBアダプタ)だと使えません

というのもケーブルの太さがいつの間に変わっていてちょっと硬くて太くなっています

そもそも純正品が断線しまくり「高耐久 断線しにくい」などのキャッチコピーのサードパーティー製のケーブルがたくさんあるLightningという端子が、エコシステムと言うには程遠いAppleが創り出した最悪のもののひとつですね

 

iPhoneを手軽にランクアップさせるのオススメ

最近はLightning接続のUSB DACにも色んな種類があります

Dragonfly は上記の通りUSBカメラアダプタが断線するというデメリットがあるのですが、かえって断線しても本体を買い替えたり修理をしなくて良いという点はむしろ良いのかもしれませんね

 

ちなみに断線した時や、Shanling M1のファームウェアが原因で音量が正しく取れなかった時など、何度かサポートに連絡したのですが、丁寧な対応をしてくれたのでその点も安心です

 

Dragonfly Blackを買ってから3ヶ月、毎日無くてはならない存在になりました

iPhoneには優れたUIと再生ソフトがあります

高級なDAPやヘッドホンアンプを使わなくても受けられる恩恵は大きいと考えています

新しいヘッドホンを試してみたりで、ポタアンが必要になってくることもあるかもしれませんが、今はこれで満足しています

 

イヤホンジャックのなくなった今後のiPhoneを使っていくことを考えても、Dragonflyはおすすめです!

 

f:id:GANTHEBROW:20170111151341j:plain

 

オーディオクエスト USB スティックサイズ D/Aコンバーターaudioquest DragonFly Black
 
アップル Lightning - USBカメラアダプタ MD821ZM/A

アップル Lightning - USBカメラアダプタ MD821ZM/A

 

 

<その他のiPhone音質アップ関係の記事はこちらから>

 

ganblog.hatenablog.com

ganblog.hatenablog.com

ganblog.hatenablog.com

ganblog.hatenablog.com

ganblog.hatenablog.com