GAJUMARU

-家電と音楽と写真とガジュマル-

間違えだらけの加湿器選び方 「湿度60%」はウソっぱち

日頃秋めいて来て朝晩は冷え込むし、湿度計はだんだん低い値を示すようになりました

「乾燥してきたなぁ」と思うのですが、そもそも人間は湿度を感知できないらしく、

なんとなく喉がイガイガするとか、洗顔後にカピカピするとかのオノマトペを感じた時に湿度が下がっているかもしれないと認知するのだそうです

加えて、天気予報やらで湿度の表示が出て「今日は乾燥しています!」というセリフが流れてくるので、慌てて「加湿しないと風邪引いちゃう!」といった防御反応をしちゃうわけです

 

肌では湿度を感知できないとはいえ、適切な湿度をコントロールするために加湿器を導入するのは大事なことですし、私も家で3台の加湿器が活躍しています

 

一方、この時期に見かける加湿器の買い方関係のブログの中で、見当違いなことが書いてあることが多いので、こんな選び方どうよ?というお話です

 

ganblog.hatenablog.com

 「湿度60%」はウソっぱち 適正湿度は別にある

湿度が低いとウィルスが活発になってしまうというのは納得できるのですが、

「ウィルスを抑制するために湿度60%以上にしましょう!」みたいなことを言っているブログとかテレビのミニコーナーが本当に多くてゲンナリします

それって、相対湿度の話をしているとしたら大きな間違いです

 

屋外の乾燥対策なんて、マスクする以外は雨でも降らすしかないわけなので、ここで言う乾燥対策とか加湿器の導入っていうのは室内の話だという前提でいうと、

湿度は室温によって変化するので、湿度(%)で語るのはそもそも間違いです

 

空気中の水分量が同じ(絶対湿度)でも、室温が変化すれば空気中に含むことのできる水分量が変化するので、湿度が変わります

  • 室温が上がれば、湿度は下がり
  • 室温が下がれば、湿度は上がります

お出掛けから帰宅して、すぐに暖房をつける するとみるみるうちに湿度計が下がっていくなんてことはよくあります

 

ようするに、室温によって目標とする湿度が変わってくるのです

 

↓こんな感じね

f:id:GANTHEBROW:20170104174542j:plain

出典:ダイキンのなんかのパンフレット

 

よく価格.comの口コミとかで、

「湿度が40%までしかあがらない!不良品だ」→「スチーム式がオススメです!」みたいなことが書いてありますが、これみたらそんなこと言わんでしょ

 

室温と湿度を両方見られる温湿度計とか使うと分かりやすいです

 ↓こういうやーつ ブルーのゾーンに入らないようにって感じです

ドリテック(dretec) 熱中症・インフルエンザ警告温湿度計 O-311WT

ドリテック(dretec) 熱中症・インフルエンザ警告温湿度計 O-311WT

 

 

暖房を使ってガンガン部屋を暖めているのに、湿度表示が60%になるまで過加湿をした場合、結露やカビのリスクも増えます

加湿器に必要な要素は、湿度を60%まで上げることではなく、適正な湿度にコントロールしてくれる機能ですよ

 

4つの方式のメリット・デメリットなんてあてにならない

加湿器には超音波式・気化式・スチーム式・ハイブリッド式があって、それぞれのメリット・デメリットは… というあまりにも使い古された加湿器の選び方がありますが、これもあてになりません

 

結論:方式の違いではなく、機種ごとの違いと使う人のライフスタイル次第

 

例えば、超音波式だと雑菌がぁ…とよくありますが、このシーズンに1日以上タンクの水が使い切れない超音波式加湿器とかあります?

確かに超音波によってカルキが飛んで雑菌が繁殖しやすいというのはあるかもしれませんが、そこまで気にするレベルじゃないと思うし、部屋干しとか濡れたタオルとかの方がよっぽど雑菌撒き散らしていると思います(抗菌フィルター付きの機種を選べばなお安心です)

 

スチーム式でも過加湿にならないように湿度設定(これもそもそもおかしいけど)できる機種もあります

 ↓こういうの

 

スチーム式は熱い蒸気が危険…とかいうのであればコロナのロータリー方式なんていう選択肢もあります

↓これね

 

部屋が広かったら大容量のを選ばないといかんと思います

 ↓こういうの

 

こうなってくると何方式かは関係なくて、自分の部屋の湿度に対してどういう問題がはらんでいて、それを満たす加湿器が何か?っていう話になってくると思うんですね

 

 我が家の場合は「狭い」という問題を抱えていたので

省スペースを実現できる加湿器を選びました

①1台2役で加湿もしてくれる加湿空気清浄機をメインに

②補助として卓上タイプの小さいもの(この前買ったプラマイゼロ)

方式はどうだっていいのです

 

個人的には加湿器のタンクに水を入れるという家事労働が発生するので、水タンクがでかい加湿器がおすすめです

 

変な情報や口コミやこのブログに騙されず、自分にあった加湿器を選ばれることを心から、そう心からお祈り申し上げます