GAJUMARU

-家電と音楽と写真とガジュマル-

レビュー ロレッツのアイロン台で アイロンがけにさらなる時短を

かれこれ10年間愛用していた無印良品のアイロン台のカバーが摩耗して切れてしまいました

もっと豊かなアイロン生活のために、アイロン台を新調しました

 

アイロン台を選ぶ要素としては

  • スタンド式(立って掛けたほうが楽)
  • これまでのアイロン台より大きいこと(幅が狭くて手間がかかっていた)
  • カバーはアルミコーティング
  • ぶ厚め(IKEAのアイロン台なんかペラペラで酷い)

これらを満たすアイロン台を探してみると

国内メーカーだと山崎実業だったり、トルソー型のマダム斎藤が候補にあがり、実際店頭でも触ってみましたが、今ひとつピンと来ず

(トルソー型だと形の合わないシャツなんかがプレッシングしにくいんだそうです)

 

さんざん悩んだ挙句、結局『北欧』という言葉に弱い私はスウェーデンのロレッツ社製のアイロン台を選びました

 ロレッツアイロン台 開封&レビュー

f:id:GANTHEBROW:20170910172432j:plain

 

到着してみてビックリ

デカい とにかくデカい サーフボードかと思いました

 

f:id:GANTHEBROW:20170910172640j:plain

 

これまで使っていた無印のアイロン台に比べてみると、その大きさは歴然です

こ、こんなに大きくて(長くて)大丈夫なのかと不安にかられました…

 

f:id:GANTHEBROW:20170910172921j:plain

 

足はスチール製でシッカリとしていて、ゴム足もついているので床も安心の模様

メッシュの裏は、普通フェルトだと思うのですがロレッツのアイロン台はスポンジが使われています

分厚く・みっしりしていて気に入りました

 

f:id:GANTHEBROW:20170910173051j:plain

カバーも簡単に替えられる模様

スペアカバーも1300円くらいで買えるそうで、この辺は物を長く使おうとする文化の違いを感じました

 

f:id:GANTHEBROW:20170910173553j:plain

ちょっとした置台もついて、私はこれからアイロンをかけるものをここに置くのが良いかと感じました

 

f:id:GANTHEBROW:20170910173655j:plain

ガジュマルも寝られるサイズ感です

 

f:id:GANTHEBROW:20170910173735j:plain

アイロンの一時的な置き場所

結構小さいです

f:id:GANTHEBROW:20170910173807j:plain

愛機、イージープレシングは置けますが、他のティファール機のように大きいものは嵌らない模様

北欧はドライアイロンの文化なのでしょうか

 

ロレッツ アイロン台 使用感

では実際にアイロンがけをしてみます

 

f:id:GANTHEBROW:20170917181922j:plain

頑丈さ

先ずセットしてみてすぐに、作りがしっかりしていることを実感

グラつきは皆無で、私の愛機イージープレシングのボイラー部を上に置いてもびくともしないのです

コレは満足度高いですね

 

サイズ感

続いて問題のサイズ感

写真を観ていただければ分かる通り、広大なアイロンがけスペースの1/3以上が余ってしまっています…

アイロン置きまで手が届かないので、結局空いたスペースに立ててアイロンを置くハメに

流石にデカすぎました

 

一方で、これまで2回に分けていたパンツのプレスなどでは上から下まで1回でアイロンがけができました

これは大幅な時短です

ロングスカートなんかも1発でプレッシングできたのは感動でした

 

使い心地

前述の中のクッション材がスポンジなのが影響しているのでしょうか「蒸気抜け」が非常に良いです

大量のスチームを使う私のアイロンがけスタイルだと、これまではスチームがもうもうと立ち込めて汗ビッショリになっていましたが

このロレッツのアイロン台は下にスチームが抜けていきます

コレもアイロンがけ時の負担軽減になって嬉しい改善でした

 

f:id:GANTHEBROW:20170917183246j:plain

また本機にはアイロンコードをかけるための↑こういうパーツがあるのですが

イージープレシングのスチームコードが太すぎてまったく役に立ちませんでした

 

 ロレッツ アイロン台に替えてみて

新しいロレッツのアイロン台に買い替えてみて、

サイズは大きすぎるものの、その大きさを利用してアイロン台に服を載せてからアイロンをかける前の「手アイロン」の回数が減りました

間違いなく家事労働時間の短縮につながっており満足度が高いです

良い買い物でした

 

スペアカバーも活用して永く使っていけるアイロン台に巡り会えた気がします

どのアイロン台を買おうかなと悩んでいるあなたへ、ロレッツという選択肢いかがでしょうか

 

アイロンがけの時間が半分に!作業効率最優先で選んだ北欧ブランドRORETS(ロレッツ)の アイロン台

 

 

↓この別注モデルの方が、サイズが小さいので使いやすそうでした

 

RORETS ロレッツ アイロン台 PRIMERA プリメーラ 【ホワイト】
 

 

ティファール スチームアイロン イージープレシング コード付き GV5240J3

ティファール スチームアイロン イージープレシング コード付き GV5240J3

 

 

 

www.gajumaru.tokyo

 

荒木経惟『センチメンタルな旅 1971-2017-』に行って もう一度写真が撮りたくなった話

昨日は東京都写真美術館で写真展2件をはしごしてきました

1つ目は 『TOPコレクション 平成をスクロールする』 の夏期 『コミュニケーションと孤独』

あるがままを撮っていた写真家が揃っていた春期と違い、明確なモチーフがあって曖昧さを排除した写真が選ばれていたように感じました(個人的には春期の方が好み)

 

2つ目は荒木経惟の『センチメンタルな旅 1971-2017-』

説明不要の名作+写狂老人Aまでの 陽子さんをめぐる写真たちが並んでいました

 

f:id:GANTHEBROW:20170910103519j:plain

 

私は写真家は「偶然を捕まえる仕事」だと考えていますが、アラーキーは存在そのものが写真みたいな人だなと改めて感じました

40年以上前の写真が、一切ノスタルジックな感傷を持たずに生きているようで

もう内容が濃すぎて展示見ているだけで疲労を感じてしまいました…

 TOPコレクションより後にアラーキーの展示を観て本当に良かったです

 

「センチメンタルな旅」の展示の序盤にアラーキーからのメッセージが書いてあって、心に残りました

今あるのは 作られた 偽物の写真ばかりだ この旅の写真は本物だ のようなことが書いてあって、本当にそうだなと

企画有りきの「面白い」写真もそうだし、やれRAW現像だレタッチだ加工アプリだなんだで量産された それっぽい画像に閉鎖的なコミュニティーで「いいね」しているだけ

 

 

私も「写真」を撮らなくなって何年か経ってしまって

また「写真」を始めたくなりました

私が「写真」だと思って撮っていたものは、今も過去を残さずに生きているでしょうか

f:id:GANTHEBROW:20170909233403j:plain

 

f:id:GANTHEBROW:20170909233419j:plain

 

f:id:GANTHEBROW:20170909233433j:plain

今年中にカメラをオーバーホールしよう

まだじとっとする湿気をまとった恵比寿の狭い空に決意する9月の休日でした

 

 

荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-

荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-