GAJUMARU

-家電と音楽と写真とガジュマル-

ZOZOSUITがすごいんじゃなくてZOZOオリジナルがとんでもなくすごかった話

似たような業界で働いている私、発表日は先輩と「なんだこれ21世紀最大の発明じゃないか!」くらいの大騒ぎをしながら即オーダーしたZOZOSUITが届いたのは5月11日の金曜日でした

ZOZOSUITがやってきた

f:id:GANTHEBROW:20180515092929j:plain

 

多分、スマホを固定するためのスタンドとして黒いボール紙が同封されていたんですけどコレ自分で切らなきゃいけないやつだったのでしょうか…

山折谷折り線とか付いていると親切で良かったかなと思います

謎の黒いボール紙

f:id:GANTHEBROW:20180515093006j:plain

 

もうZOZOSUITの使用感とかはさんざん色んな所で書かれているので何をか言わんやであります

とくに説明書きとかがなかったので戸惑いましたが、一旦撮影が始まっちゃえばなんてことはなく大変シンプルで計測自体も楽しかったです

f:id:GANTHEBROW:20180515093138j:plain

計測が終わり、自分の体型が詳らかにされた後はZOZOアプリ上でZOZOオリジナルのPB商品へ自然に遷移がなされていて、もうこれは試しに買っちゃうよねということで計測後1分でZOZOオリジナル商品の注文へ移っていきました

 

ZOZOSUITが切り開いた未来は、もっとこれもできそう!あれも実現できそう!もっと便利になる明日を想像させて止まないわけですが、今回はそんな話じゃなくて、このZOZOオリジナルがとんでもなくすごかったという話です

ZOZOオリジナル商品は全てのオーダーメイドを過去にする

早速ZOZOオリジナルの商品を注文していきます

ZOZOSUITで計測したデータそのまま作られるのかなと思いきや、例えばデニムパンツの場合はウェスト・ヒップ・総丈を自分好みに調整できます

私は今回ヒップ-3cm 総丈-2cmでオーダーしました ↓こんな感じです

f:id:GANTHEBROW:20180515093708j:plain

私は普段来ているセットアップのスーツは洋服の並木でフルオーダーしているし、ワイシャツもWEBで作っているので、オーダーメイドに関してはよく利用している人間だと思うのですが、このZOZOオリジナルに関しては異常だと感じました

 

ちょっとこの画像を見てください、異常さがわかると思います

f:id:GANTHEBROW:20180515094334j:plain

f:id:GANTHEBROW:20180515094350j:plain

 

5月12日の土曜日の午前9時に注文したオーダーメイド商品が、翌日5月13日日曜日の11時に発送手続きが完了しています

 

速すぎませんか

 

これさらに追加料金350円を払うと即日配送です

全く意味がわかりません、オーダーメイドのアパレルで即日配送ってなんやねん

前述の洋服の並木だって3週間くらいは待つし、ワイシャツのオーダーは2週間くらい

パンツの丈つめでさえそこそこ待たされるし、無印なんか店舗によっては1週間くらいかかります

 

オーダーメイドでこのスピードで提供するってどうやっているんだろうかと

 

膨大なパターンを在庫しているんじゃないかなんていぶかしんだんですけど、小売がそんな馬鹿げた在庫を抱えるわけないし、と調べてみると…

1タイプで数千から数万種類にもなるサイズパターンを作成し、それを高品質・短納期・低価格で製造するために、生産プロセスのIT化や自動化を図り、オーダーメイド注文に対応するための生産ラインを整えたということだ。

引用元:

ZOZOで体型データにピッタリのTシャツやデニムパンツをオーダーメイド | TechCrunch Japan

 

これ、作っとんな 作って送っとんな

 

ZOZOUITが個人の体型データを保有するようになって、このデータを使ってウチでも洋服選び楽にならないかなぁなんて思っているととんでもない、これ圧倒的な物量とスピードと価格と物流を持っているZOZOが総取りですよ

 

今はTシャツとデニムしかありませんが、スーツやワイシャツ、シューズも作れるようになったなら

素材や色を選ぶことができるようになったなら

その全部が自由にデザインできるようになったなら

しかもそれが低価格で頼んだ翌日に届くのなら

 

もう紳士服屋もオリジナルTシャツ屋も靴屋もいらいない

ZOZOだけで全部間に合います

しかも、自分でデザインできないのであれば「おまかせ定期便」のスキームを使えばいいわけでしょ

 

アパレルだけの話になってますけど仕組みと運用はきっと他の業界にも応用できるはずで、ちょっともう想像が膨らみすぎてどうしよう楽しい

 

f:id:GANTHEBROW:20180515100100j:plain

そして5月14日月曜日に受け取ったZOZOデニムパンツは

今まで履いたデニムの中で最高の着心地で、寝間着にしたいくらい身体に馴染みました

 

近年買ったものの中でこんなにベタ褒めすることなかったんですけど

もっと色々買いたいし、色んなアイテムを作って欲しいです

 

もっとも本当にスゴイのはZOZOSUITでもZOZOオリジナルでもなく、この仕組と運用を作った人たちでしょうね

 

まだZOZOSUITは出荷待ちが続いているみたいですけど、もしまだ注文していないのなら早く!みんな早く測ってZOZOオリジナル商品買いましょう買いましょう

http://zozo.jp/pb/

流通新大陸の覇者 ZOZOTOWN―週刊東洋経済eビジネス新書No.238

流通新大陸の覇者 ZOZOTOWN―週刊東洋経済eビジネス新書No.238

 

感性が死んだ日

先日、後輩の結婚式にお呼ばれした際、

披露宴で同じテーブルに座った初対面の男性から「もしかして◯◯さんですか?」と声をかけられました

名前のカードを観てピンときたらしく、彼はもう10数年前に撮っていた私の写真をたくさん覚えていると楽しそうに話してくれました

本当にビックリしました 

 

 「今も撮っているんですか?」と聞かれて、モゴモゴと撮っているような撮っていないような曖昧な返事をしたものの まぁ、実際は撮ってないわけで

もう私の感性は一度死んでしまっていて、それを取り返す努力を怠っているのです

 

そうやって写真から遠ざかった割に「ポートレートのうまくなる撮り方」とか

「おすすめ単焦点レンズ10選」みたいな記事を見かけると青筋を立ててしまうのです

仕事のこととか家電のこととか音楽の趣味のこととか他人がどう考えていようが構わないと思って生きているのですが、どうやら私は写真のことになるとムキになるようなのです

 

f:id:GANTHEBROW:20180508220241j:plain

ひとくちに写真と言っても、撮ることなのか観ることなのか

はたまたカメラを集めることが好きな人もいるし、レタッチの雄も居て

鉄道写真があったり、星景写真であったり、私写真だったり、合成写真だったりと

まぁ、もう幅が広すぎてひとくくりにできる話ではなく

 

今回は私が志していたある種の写真の話です

記録的なそれではなく、美しい風景を残すわけでもなく、もう少し内面的なアジェ*1的なそれで

承認欲求を満たすための「写真」の話ではないので、そういう写真が好きな人は曲がれ右していただければと

 

必要とされる写真を撮るのはカメラマンの仕事

これは揶揄しているわけでなく、求められているものの違いで

写真家の仕事は「偶然を捕まえること」だと思っていて

 

f:id:GANTHEBROW:20180508220411j:plain

多くの写真は「撮らされている」んだと思うんですよ

例えば面白い建築とか、一面の花畑とか、おしゃれなカフェとかで撮った写真がそれっぽく写るとして、

それは撮った側じゃなくて、撮らせた側の勝ちみたいなもんなんだろうと

どちらかというと建築家や造園家やインテリアコーディネーターの勝ち

 

「良い」と思えることが感性なのだとすると

建築家や造園家やインテリアコーディネーターが良いと思ったものを撮らされているので、これは他の人の感性と自分の感性がぶつかった写真になるわけなんですよね

 

一方で写真家と呼ばれる人たちは、人の感性よりも自分の感性の割合が極めて高い人たちなんじゃないかと思っていて

願わくば自分もそうでありたいと

なんでもないものを「良い」と思えるように心と眼を保つようなことをしてきたつもりで

 たくさんの「良い」を捕まえられれば、それが写真家になっていくんだと思っていたわけです

 

f:id:GANTHEBROW:20180508220311j:plain

そうそう、たまに見かけるしカメラをぶら下げた若い子たちが数珠つなぎになってる時、「良い」と思ってカメラを構えると、後ろの子たちも一斉にカメラを構えるのを見かけるんですが

あれは「感性泥棒」です

写真を撮りに行くときは1人のほうが良いです

 

 

まぁそんなこんなで、とある写真家集団に入れてもらうことになりました

 表現の場が広がるし、お金ももらえるなんて!と浮足立ってみたものの

結果、撮ることになったのは広告写真でした

 

広告写真ってものすごい制限があるんですよ

指一本写っただけで、その人に承諾書貰わないといけないし、人の家が写るなんてもってのほかで、壁すらもダメ

 

だんだん撮っていくうちに、おかしくなってきました

 

あ、これは車が写り込んじゃうから撮るのをやめよう…

それは許可が必要だし、控えておこう…

 

コピー文言を入れるために左上に必ず余白を作るようになりました

 

写真家になりたかったのに

自分の「良い」じゃなくて、誰かの「良い」のためにシャッターを押す

 

徐々に

でも確実に失っていく

 

どうにか取り戻そうと、かつて一番大事な写真を撮った場所へもう一度戻って

同じ「良い」を捕まえようとしたのですが、ファインダーに映ったのはただの曇った世界でした

 

その日、私の感性は死にました

 

不思議なもので、それを自覚した瞬間に気持ちが急激に薄れてしまって

毎日カバンにカメラを詰め込むこともなくなって

 

f:id:GANTHEBROW:20180508220330j:plain

多分、自分の好きな気持ちは、それだけを信じてやり続けないと

簡単に死んでしまうんだと思います

 

10数年前の私を知っていた彼は、感性が死んだ後の私の写真は観ていないはずで

今の自分を観られるのが恥ずかしいやら悔しやらで

 

少なくとも、こうやって家でウイスキー飲んで酔っ払って武勇伝みたいな戯言を書いているだけでは何も変わらないし

感性を取り戻すための教科書なんてどこにもないのだけれども

 

どうやら写真が一番のコアになっているらしい私の感性は、他のことでは代わりが効かないみたいだし

なんとか這い上がってやろうと思うので

 

誰かハッセルブラッドのX1D買うための200万円ください

(現物でもいいです)

 


 

 

*1:ウジェーヌ・アジェ フランスの写真家で近代写真家の父