GAJUMARU

-家電と音楽と写真とガジュマル-

GAJUMARUは2周年を迎えました

はやいものでGAJUMARUも今日で満2歳となりました

ありがたいことにたくさんの人に見つけてもらえて、読んでもらうことができました

 

世界は目まぐるしく進んでいって、個人がブランド化する時代になって

もちろん声の大きい人たちの方がその時正しいと思ったことを伝えていくのは上手になってはいるけれど

それでもここで自分が好きなものや好きなことを伝えていくのも悪くないなと思っています

 

毎日楽しいことはあふれるほどあって

家事も料理も音楽も全部たのしくなった方が豊かなんじゃないかと

その豊かになるための何かが誰かのアンテナに引っかかる

そんな場所であれば良いなと続けています

 

これからもマイペースに

GAJUMARUをよろしくお願いいたします

 

 

f:id:GANTHEBROW:20170423114609j:plain

 

 

MacBookやiMacにおすすめ 外付けブルーレイディスクドライブはパイオニアのBDR-XS06JL

Macが失ったものの一つが光学ドライブ

我が家は27インチの5K iMacを使っており、せっかくの美麗な画面をもっているのだからBlue-rayも観られた方が良いよねということと、

このご時世に年間200枚くらい音楽CDをリッピングするので、音楽もCDが持っている情報を余すことなくリッピングしたいよねという2つの目的で外付けブルーレイディスクドライブを探してみました

 

せっかくiMacやMac Bookを使っているのであれば、外付けドライブもデザインに優れたものを選びたいですよね

あいにくMac純正の外付けドライブ SuperDriveはブルーレイディスクの再生には対応していないのです

 

「おすすめブルーレイディスクドライブ8選」みたいな記事がよくありますが、その中のどれがオススメなのか知りたい!という方も多いかと思いますので、本ブログではMac用の外付けブルーレイディスクドライブでおすすめなのはたった1つです 一択です

 

 

え?スロットインドライブは壊れやすい?

いいえ、デザインが全てを優先するのです

 

パイオニア BD/DVD/CDライター Windows/Mac用 ポータブルドライブ BDR-XS06JL

 

f:id:GANTHEBROW:20180415224732j:plain

BDR-XS06J と BDR-XS06JMと BDR-XS06JLの違い

パイオニアには複数種類の外付けブルーレイディスクドライブが存在します

今回おすすめするBDR-XS06JLはバリエーション商品が3つあります

 

BDR-XS06J と BDR-XS06JMと BDR-XS06JLの違いは付属のソフトです

BDR-XS06J はWindows用の再生ソフトが付属しており、BDR-XS06JMはMac用のライティングソフトToast12が付属しています

 

Macにはブルーレイディスクドライブがないどころか、ブルーレイディスクの再生ソフトが付属していませんので、自分で探してくる必要があり、BDR-XS06JM付属のToast12はただのライティングソフトなので、どうしても必要というわけでなければ何もソフトが付属しないBDR-XS06JLが安価でおすすめです

 

パイオニア 外付けBlue-rayディスクドライブ BDR-XS06JL レビュー

先ずは本体から

 

f:id:GANTHEBROW:20180415224750j:plain

シルバーの本体はMac本体との親和性も高く、まるで純正オプションのような佇まいです

ただブルーレイマークがダサい

 

f:id:GANTHEBROW:20180415224805j:plain

 

物理のイジェクトボタンがついています

ちなみにキーボードのイジェクトボタンには反応しません

 

f:id:GANTHEBROW:20180415224853j:plain

USBケーブルは本体側の端子はMicro USB3.0 Micro-Bです

ちょっと変わった形状のUSBなので、高品質なUSBケーブルに変更したいと思っても選択肢が少ないのが悔やまれます…

オーディオこだわり派はケーブルも変えたいのですが

 ↓こんなのあります

 

BDR-XS06Jの特徴として、電源の供給がUSBバスパワーだけでなく別売りのACアダプターDCA-002を用意すれば外部電力でも駆動するという点です

ノイズの少ないクリーンな電源を供給したい派閥のみなさまも安心!

 

f:id:GANTHEBROW:20180415224949j:plain

私はめんどくさいのでバスパワー給電です

付属のケーブルはそこそこ長さがあるので、背の高いiMacのUSB端子にも楽々届きます

 

なおノイズ対策にiFi-audioのiSilencer3.0を経由させています

 

f:id:GANTHEBROW:20180415224912j:plain

iFi Audio iSilencer3.0

iFi Audio iSilencer3.0

 

 

 

普段、レンタル屋さんでCDやDVDを借りるとびっくりするぐらい傷が付いていませんか

ちゃんとしたドライブでちゃんとした扱いで使えば傷なんてめったに入らないと思うのですが…

 

そんな意味も含めて、安価な海外製ドライブも出回ってはいますが、

高品位なドライブとして定評のあるパイオニアがおすすめです

 

その中でもデザインがMacBookやiMacにも最適な外付けBDドライブとして、付属ソフトがないぶんお得になっているBDR-XS06JLが一押しです

Pioneer パイオニア ポータブルブルーレイドライブ 【For Win & Mac】 ソフト無モデル BDR-XS06JL

Pioneer パイオニア ポータブルブルーレイドライブ 【For Win & Mac】 ソフト無モデル BDR-XS06JL

 

 

以下、オーディオの話です

パイオニア BDR-XS06JLでリッピングすると音質は向上するか

↓こういう感じで 未だにCDリッピング派の私です

www.gajumaru.tokyo

 

音楽CDのリッピング時に読み込みドライブによって音質が変わるか問題に関して

どうせバイナリは一致するので、変わらないという人もたくさんいるとは思います

 

汚い厨房で作られた料理と、ピカピカに磨き上げられたキレイな厨房と

たとえ調理中にゴミやホコリが入らなかったとしても、精神衛生上はキレイな厨房で作られてた料理のほうが美味しそうだと思いませんか(汚いほうが趣があることもあるけど)

 

オーディオもそんなものだと思っているので、できる限りキレイな電源と高品位な読み込みドライブが揃っていたほうが良いんです

プラシーボ効果だろうがオカルトだろうが、環境整備をすることには価値があると考えています

 

少なくともパイオニアのBDR-XS06JLに関して

CDオーディオ再生時にエラーデータ補間の発生を低減。 さらに進化した「PureRead2+」

 

高性能ピックアップ搭載で、CDの読み取り精度も安心

パイオニア独自の高性能な最新BDXL対応ピックアップ搭載。これにより、BD、DVDはもちろん、CDの読み取り性能も大きく向上しています。

とパイオニアも言っているので、それを信じて

さて実際にBDR-XS06JLで音楽CDをリッピングしてみると…

 

割と振動がスゴい

結構なけたたましい音とともに揺れる揺れる

 

あまりよろしくない状況なので、振動予防に制震ゴムを底につけてみます

東急ハンズで売っている制震ゴムがめちゃくちゃ安くて安定するのでおすすめです

 

f:id:GANTHEBROW:20180415225004j:plain

 一応、リッピングした音源を過去のものと聴き比べもしてみましたが

違いが明確!というような変化は感じることができませんでした

TSUTAYAのレンタルCDなんかだと、傷だらけのものもよくあるので、そんなCDをリッピングする際には違いが出てくるかもしれませんね

 

そんなわけで、ドライブを変えてリッピング音質が上がるか否かは今回はわからん!

けれどもどうせブルーレイディスクドライブ欲しかったし、満足!という内容でした

 

Pioneer パイオニア ポータブルブルーレイドライブ 【For Win & Mac】 ソフト無モデル BDR-XS06JL

Pioneer パイオニア ポータブルブルーレイドライブ 【For Win & Mac】 ソフト無モデル BDR-XS06JL