GAJUMARU

-家電と音楽と写真とガジュマル-

私が考えた日本メーカー最強の掃除機 BTOという提案

ダイソンの構成比はすでに3割

2013年の消費税増税駆け込みから順当に出荷台数が落ちている掃除機

ふとんクリーナーのブームが終わって、これがピークの2014年に比べて今年2017年は100万台くらい減る模様(そりゃそうだよね、余計な家事増えたもんね)

その一方で顕著に伸びているのはコードレスクリーナーで、構成比30%と2013年の10%から大きく躍進してますね

 

それで何が売れているかというとダイソンなわけで

なんと日本の国内掃除機の金額シェアで35%がダイソンなんですってよ

東芝とパナソニックと日立の日本トップ3を足しても届かないという…

流石にちょっと驚きました

そんなにみんな家汚れているんだろうか…

 

 以前の記事で書いた通り、私はダイソンの掃除機は選ばないのですが、

こんなに支持されているというのは素直にスゴいですね

www.gajumaru.tokyo

日本の掃除機も脱ダイソンへ新機能をつけてきたけど…

先週はシャープ・東芝・日立と2017年モデルの掃除機新製品の発表があり

お?コードレススティック推し辞めたのか?とワクワクしました

この2・3年は日本メーカーもダイソンの真似っこみたいな掃除機ばかりだったので、独自の進化をし始めたのかな?と期待

 

www.toshiba-lifestyle.co.jp

実際、東芝の新シリーズのVC-NXS1 なんかすごくいいと思うんですよ

取り回しが工夫されていたり、ロボット掃除機で実装済みのダストステーションを導入することで、掃除機に溜まったゴミを捨てるという家事労働を減らすという機能は非常に良いですよね

シャープも日立もそれぞれ、独自の機能を持たせて「ダイソンにはない特徴です!」と店頭でアピールできるように工夫されていました 感心感心

 

これは常々主張していることですけど、特に掃除機のような家事家電は、家事労働を減らして生活を豊かにする進化をしていくことが望ましいと考えているので、

軽くしたり、メンテナンス性が向上したりというのは使用者にとっては歓迎するブラッシュアップですね

 

…でもさ、値段高すぎません?

 

こなれてきたら市場価格下がるとは言え、初出の大手量販店価格が

  • 東芝 VC-NXS1 : 127,440円
  • 日立 パワーブーストサイクロン PV-BEH900 : 96,984円
  • シャープ RACTIVE Air EC-AS700/AP700 : 97,070円

ちょっと冗談みたいな値段ですね

ちなみにダイソンのコードレス機の売れ筋V8 Fluffy SV10FF2は初出で8万円切ってますからね

多分V8 Absolute SV10ABL2の10万円にぶつけて来ているんだと思うんですけど、

何故値段合わせに行ったか甚だ疑問です(値段合わせに行ったからシェア落ちたんでしょ)

 

せっかく良い機能があっても、こんなに高い掃除機を買おうとはなかなか思わないのではないかなと感じます

こんな全部の機能盛らなくても良いのではないでしょうか

 

便利な機能、カーボン素材だったり、ダストカップの丸洗いだったり、そういう機能は1万円~2万円の掃除機には搭載されずに、全部盛りを買わないと家事労働は楽にならないわけです

 

東芝のサイクロン式クリーナーだけで

VC-NSX1 NC-NX1 VC-MG720 VC-MG620 VC-SG620 VC-SG520 VC-C6 VC-C6A VC-CL1300 VC-CL300

と10種類もあるわけです

それぞれニーズの違いによって種類を作りました!ということだと思うんですけど、こんなに種類あったらもう選ぶ行為そのものを拒否する消費者多いんじゃないかと考えています

 

そこで、いつまでもダイソンと張り合ってないで、日本の掃除という家事労働を楽にしてくれよな!という家電メーカーさんへ一つの提案です

 

掃除機をDELL方式のBTO(受注生産)で注文をとってみてはどうでしょうか

 

DELL方式のBTOだと今、困っていることを解決する機能を選べる

各家庭、各人によって、掃除機に対するお困りごとは違うし、そのソリューションを求める優先順位も異なってきます

それを型番で分けるのではなくて、必要な機能・必要なパーツだけ選ばせてくれませんか?

 

↓こんな感じで、その機能があると、家事労働がこんなに軽減されるよ!というメリットと、引き換えに我慢すべきデメリットが示されていて

それを購入者が自分で選ぶ仕組み

f:id:GANTHEBROW:20170813180351j:plain

浪費は減ったけれど、必要なものにはお金を出す世の中です

その機能に明確な対価が示されていれば納得ずくで注文してくれるのではないでしょうか

 

副次的にメーカー・販売店の在庫の削減にもつながるし

不当な価格競争にもさらされないので、メーカーと販売店は儲けが増える

明日どうしても欲しい!みたいな話であれば「基本のセット」みたいなパッケージを用意しておいて、それを売ればOKなのでは

 

当然、BTOだけで商売になるわけがないのはわかっていますが、

「日本の家電は多機能過ぎる」「余計な新機能を付けた新製品で値上げしてくる」みたいな言われ方をされているのを良くみかけますので、こんな仕組みで販売してみるというのもひとつの手ではないでしょうか

とくにシャープとか東芝とか変わらなきゃな家電メーカーにがんばって実装してもらいたいです

 

ちなみに私は、何故か家でゴロゴロしている時に限って、これみよがしに耳元で掃除機をかけられることに困っているので、静音性を重視した掃除機が欲しいです

Electroluxのエルゴスリーくらいしか静音性重視の掃除機ないので、ダイソンばっかり真似していないで、この機能も重視おねがいします!

色んな特徴がある掃除機がいっぱいあって選べることを願いつつ

 

Electrolux 掃除機に大切な3つの機能すべてに最高のクオリティ エルゴスリーオート クリアブルー EET530CB

Electrolux 掃除機に大切な3つの機能すべてに最高のクオリティ エルゴスリーオート クリアブルー EET530CB

 

 <追記 2018年8月に1つ新しい掃除機買いました>

 

www.gajumaru.tokyo