GAJUMARU

-家電と音楽と写真とガジュマル-

アートアクアリウムに行ってみて写真を撮る行為について考えてみる

昨日、日本橋へ行って金魚の水族館イベント「アートアクアリウム」に行ってきました

アートアクアリウム | 東京・日本橋

 

きっかけは友人のFacebookで行ってきたよ報告があったので、なにそれ楽しそうじゃん行ってみたい!っていうのでね

 

開場の11時に合わせて行ってみると長蛇の列列列

やっぱり夏休みの人出はすごいですね

せっかく前売り券も買ってるし、どこ行っても混んでいるだろうし並んでみっぺやと

 

意外と列はスムーズに進んで、45分くらいで会場に入れました

 

非日常的な空間で沢山の金魚がアートの一部になっているってーか

一見の価値はあるよねって!感想です、ハイ

 

アートアクアリウム自体の感想はさておき表題の件

 

人で埋め尽くされた会場で、まぁみんなすごい量の写真を撮っているわけですよ

開場の人の9割はずっと写真を撮り続けていて、さらに9割スマホかな

DSで写真撮っている子供さんもいましたね

 

私も写真の人のひとりとしてカメラをぶら下げてはいたものの、

群衆が動いてはパシャパシャしている姿を見てドン引きしてしまい3カットくらい金魚以外のものを撮ったくらいでした

 

実際に今回行ったきっかけがFacebookの投稿ですから、こうやって撮った写真が共有されて行くっていうシナリオはよくわかるし

以前のグラブルのCMじゃないけど、みんな撮っているし、そのコミュニティーのSNSにアップしとかんとイカン!みたいな雰囲気もわかるし

でも何かモヤモヤするんですよね…

 

モヤモヤの理由を考えてみる

すぐわかった!

 

iPhoneでサクッと撮った写真の方が、頑張ってセッティングしたマイカメラよりまともに写っている」

 

コレだ!

 

いやね、前から瀬戸内国際芸術祭とかでもそうだったんですけど、暗い室内で撮ってる時って、

あー、ここはギリギリノイズでない程度まで感度上げて、あーシャッタースピード足りなーいとか思いながら、悪戦苦闘している横で

「パシャリ!」と脇も全然締めていないでかる~く撮っている人の方がちゃんととれているんですよ!

 

べ、別に私のカメラはマニュアルフォーカスだし、手ぶれ補正ついてないししょうがないし!

とか自分の腕を棚に上げた言い訳が頭をよぎってくるわけですね!

 

そうモヤモヤの原因は嫉妬!!自分のヘタレさへの嫉妬!!

 

そっかー、じゃあしかたないなぁと思いながら、グッズショップでキレイに撮れているポストカードを買いましたまる

 

おまけ

ついでに帰りしなコレド日本橋のB1Fで山口県柳井市のイベントで

ミニ金魚ちょうちんの無料作成体験ができたので金魚作りました

かわいい

 

f:id:GANTHEBROW:20160821131825j:plain

 

山口県は夏フェス ワイルドバンチやら角島大橋に行ってみたいなぁ