GAJUMARU

-家電と音楽と写真とガジュマル-

イヤーピースで聴こえ方は変わる! finalのイヤーピース Eタイプ レビュー

iPhoneでもっと音楽を楽しもう!音質向上作戦、今回はイヤーピースに焦点を当ててみます

そう、イヤホンにくっついているシリコンやウレタンのアレですね

付属のAirPodsを使っている人は意識していないかとは思いますが、

音の出口となるイヤーピースをサイズのあったものに変えるだけでも結構音が変わってきます

 

私は普段はJVC Spiral Dotを使っていたのですが、新しいイヤホンにつけようかとストックを漁ったら見つからなかったので、なんか別のものも試してみっぺというわけでイヤーピースを物色しにでかけてきました

 

イヤーピースの選び方

イヤーピースは大きく分けて2種類

  1. シリコンタイプ
  2. ウレタンタイプ

ウレタンタイプはCOMPLYに代表される、低反発クッションみたいなやつです

ウレタンタイプは一旦小さく潰してから耳の穴に入れ、中で広がって密着するため、一般的には遮音性が高いのですが、ちょっとスコスコと音が抜けるようなイメージになるのと2ヶ月に1回くらいは交換しないといけない上に値段が高いという欠点があるので普段は避けています(音自体は割りと好き)

 

シリコンタイプの場合は、これまた色んな種類があり迷いどころ

今迄使っていたJVC Spiral Dotは、中に凸凹があってこれの作用で解像度が上がったりします

最近評判の良いSpinFitは、軸を中心にシリコンの「傘」が動くので耳の穴にピタッとはまるんだそうです(見た目がクリオネみたいで気持ち悪いけど)

 

その他にもシリコンタイプなんだけど、中にウレタンを詰めたSONYのトリプルコンフォートイヤーピースなんかもあり、イヤーピースだけでもたくさんの種類から選べて楽しいもんです

 

で、今回はfinalのEタイプの在庫があったのでこいつを買って帰りました

私は左右で耳の穴のサイズが違うので、全サイズ入っているこういうパックは助かります

f:id:GANTHEBROW:20160724174133j:plain

 

 

 

f:id:GANTHEBROW:20160724175101j:plain

 

実際に付け替えて聴いてみると…

SpiralDotみたいに解像感が上がるってのはないんですが、全体的に楽器の音が骨太になるイメージです

 確実にグレードアップを感じ取れました

 

やっぱりイヤピは大事ですね

直接耳に接するわけなので、イヤホンの次に交換すべきパーツですね!

耳の形は千差万別ですから、どのイヤーピースが合うかはわからないのですが、たくさんストックしてあれこれ付け替えるのも楽しいと思います

そのストックの中には、final Eタイプは忍ばせて欲しいイヤーピースでした

 

後日、バイオレットとブラウンも買っちゃいました…

とりあえず迷ったらfinal Eタイプって感じです

f:id:GANTHEBROW:20160925132359j:image

 

<追記12/31>

Gタイプも買いました

 

ganblog.hatenablog.com